トップページ

 ジュエリーについて知っていくためには、最初にまず「ジュエリー」とは何なのかを知らなければいけませんね。それではジュエリーとはそもそもどんなものを指す言葉なのでしょう。ジュエリーと言われて、多くの人が思い浮かべるのは、やはり宝石のつけられたアクセサリーというイメージではないでしょうか。もちろんこれは正解で、こうしたアクセサリーはジュエリーです。つまり「ジュエリー」とは、宝石や貴金属をつかって作られたアクセサリーのこととなります。ただ、ジュエリーは日本語に訳せば宝飾品・装身具のことです。「Jewel」は宝石や宝物、貴重な物などを指す言葉で、「jewellery」は不可算名詞です。不可算名詞ですから、例えば宝石が付いたアクセサリーが最もイメージしやすいジュエリーではありますが、明確に定義があるというわけでもありません。といっても、日本では宝石類をメインとしたアクセサリーをジュエリーと呼び、小さな宝石による装飾が付いたものや、宝石を用いないアクセサリーは、ジュエリーとは呼ばないのが一般的です。ただ、日本ではそうだというだけで、ヨーロッパでは特に宝石を用いないアクセサリーもジュエリーと呼ばれています。いわゆるファインジュエリーと分類されるものがジュエリーという事です。日本人の感覚では。これはバブル時代の本物志向が原因になっていて、人口石などを使ったものは偽物扱いされていた名残かもしれません。ジュエリーには、ファインジュエリーだけではなく、コスチュームジュエリー、ハワイアンジュエリーにイタリアンジュエリー、インディアンジュエリーなどなど、様々に分類していくことができます。ですが日本人の場合は、コスチュームジュエリーをジュエリーの偽物だと評する人もいるそうです。
 それはともかくわりとジュエリーとは何なのか、国によって多少違いがあって曖昧な部分もあるのです。というよりも、ジュエリーという言葉に対して、ちょっと高級品というイメージを持っている日本のほうが珍しいのです。
 言葉の使い方はともかく、知れば知るほど奥が深いジュエリーの世界、その一端ではありますが、いろいろ紹介していきたいと思います。このサイトがジュエリーについて知る、手助けになれば幸いです。